蒸留 交洋ファインケミカル

交洋ファインケミカル株式会社


 精密蒸留

多成分が混在する物質から高純度の目的物を得るのに適した装置です。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

精密蒸留装置

特徴/用途

  • 高真空により低温での蒸留が可能なため、温度による劣化や分解が低減化できます。
  • 塔径を大きくして圧力損失を低減し、蒸留缶を高真空化させます。
  • 環流分配器の効率を上げ、少ない環流量で大きな精留効果が得られます。
  • リボイラーにより加熱温度差を少なくし、局部加熱を減少できます。
  • 高性能デミスターの使用により、より高い精留効果が得られます。
  • 凝縮器や配管をスチームまたは温水加熱することにより高融点品の処理が可能です。


私たちにできること

交洋ファインケミカルにできること

企業情報

ご挨拶・経営理念
会社概要・沿革
工場・営業所紹介
リクルート

工場・設備紹介

製品紹介

はじめに
自社原料
取扱メーカー一覧
ヤマダ薬研製品

事例紹介

事例紹介

お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

新着情報一覧

2012(c) KOYO fine chemical corporation All rights reserved.