蒸留 交洋ファインケミカル

交洋ファインケミカル株式会社


事例紹介

 単蒸留フレーク

・これまで蒸留を行ってからフレーク化を実施していたが、熱履歴による着色が認められていた。
 蒸留フレークを実施することにより、熱履歴が少なくなり、白色の結晶が得られるようになった。
・気相管の胴径が大きい為、ΔPを低く抑えることができるので、融点が60~150℃の物質でも高真空で蒸留フレークが可能。

 遠心式薄膜蒸留

・設備の特性上加熱時間が短く、高真空により蒸留温度を抑えることにより、熱の影響を受けやすいモノマー類も蒸留精製が可能。
・高真空、高温にすることにより、分子量約700のような高沸点物も蒸留可能。

 精密蒸留

配管が二重構造となっているため、高融点(100℃以下)物質の蒸留が可能。

私たちにできること

交洋ファインケミカルにできること

企業情報

ご挨拶・経営理念
会社概要・沿革
工場・営業所紹介
リクルート

工場・設備紹介

製品紹介

はじめに
自社原料
取扱メーカー一覧
ヤマダ薬研製品

事例紹介

事例紹介

お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

新着情報一覧

2012(c) KOYO fine chemical corporation All rights reserved.